地域との連携

子育て支援事業

子供ショートステイ事業は、出産、病気、看護、冠婚葬祭、出張などで家庭での養育が困難なときにお子さんをお預かりする、宿泊型の一時保育です。

石神井学園では練馬区、豊島区、中央区からの委託を受け各区の子育てを支援するために、ショートステイ、トワイライトステイの対象児童を受け入れています。(トワイライトステイ事業は練馬区のみ)

ご利用を希望される方は各区にお問い合わせ下さい。

ショートステイ・トワイライトステイ利用要件(練馬区)

保護者の方が、疾病、出産、ケガ等により入院する場合、看護、介護、事故、災害、冠婚葬祭、出張、また就業のために帰宅が夜間にわたる場合など、一時的に養育できない事情があり、他にお子さんを養育する方がいない場合。

各区の内容一覧表

  対象年齢 人数 問い合わせ
練馬区 2歳から満18歳未満 ショート 5名
トワイライト 8名
練馬子ども家庭支援センター
03-3993-8155
豊島区 2歳から満12歳未満 ショート 1名 豊島区子育て支援課子育て事業係
03-3981-2109
中央区 2歳から中学校3年生 ショート 1名 中央区子ども家庭支援センター
03-3534-2103

もっと写真を見たい方はこちら

地域公開講座

地域との相互交流の推進を目的として児童福祉施設が持つ子育てのノウハウを地域の方々に提供するなど、毎年「地域子育て公開講座」を開催(1月下旬)しています。 子育てに関する専門家をお招きした講演など、ご好評をいただいています。講演の最後には講師による個別相談の時間も設けています。

地域交流スポーツ大会

学園では、毎年秋に大泉・石神井地域にお住まいの方々との交流を目的として、スポーツ大会を行っています。 子どもたちの通う小学校の顔なじみの友人やその父兄とスポーツを通して交流し、地域のみなさまに学園に対するご理解を深めていただいています。 また、東京レスキューライオンズクラブのみなさまの支援で豚汁の炊き出しをしていただき、参加児童やそのご父兄には大変喜ばれています。

ボランティア

石神井学園では、入所児童の興味や関心、学習あるいは社会体験の一助として、または学園の運営や環境整備のお力添えとして幅広い分野のボランティアの皆様にご協力をいただいています。 ボランティアは登録制で、児童とボランティア双方の希望にかなうよう配慮させていただいた上で活動しています。

ボランティア希望の方には、直接来園していただき上記内容について説明させていただいています。説明内容にご理解いただいた上で、ボランティアとして登録をおこないます。

なお施設の性格上、入所児童と同年代のボランティアの希望はお断りしていますのでご了承ください。

※現在は、ボランティアの募集を中断させていただいております。

フレンドホームについて

学園に入所している児童を、夏休み、冬休み、土曜日、日曜日、祝日など、学校がお休みの期間に、ご都合の良い数日間お預かりいただく東京都の制度です。

お申し込みは、施設に直接お申込みいただきます。フレンドホーム担当職員から制度についての説明を受け、申請書に必要な事項を記載して、施設に提出します。