スタッフブログ

行事

石神井学園のひな祭り

3月3日はひな祭りでした。

桃の節句とも呼ばれています。

皆さんは、どのような一日を過ごしましたか?

 

毎年学園では、事務所のある管理棟のエントランスホールにひな人形を飾ります。

今年も職員が心をこめて飾りました。

男雛、女雛、三人官女、五人囃子、向かって右に桜の木、左に橘の木・・・

ひとつひとつ丁寧に並べていきました。

七段飾りの立派なお雛様がこちらです。

雛祭り1

そして、ひな祭りの日には、子どもたちにとって、とても楽しみなことがあります。

それは・・・

こちらの夕食です!!

 

図1

○海鮮五目ちらし寿司

○はまぐりの潮汁

○菜の花のからしマヨネーズ和え

○桜餅

○ひなあられ(おやつに提供しました)

 

学園の栄養士さんと調理師さんの見事な連携で、このような豪華な夕食となりました。

おかげで、子どもたちはとても楽しいひと時を過ごしました。

 

子どもたちには、ひな人形や節句の食事などを通じて、日本の文化に触れ、すくすくと成長してほしいと思います。

 

桃の季節が終わると、桜の季節になりますね。

少しずつ春の訪れを感じます。

園運営

『発達障害・愛着障害について』研修会を開催しました

1月16日(金)石神井学園において、「東京ブロック研修会」が開催されました。

講師にお招きしたのは、東京都立小児総合医療センター副院長の田中哲先生です。

『愛着障害と発達障害をもつ子どもの育ち』というタイトルでお話をしていただきました。

東京ブロック研修田中先生1

東京ブロック研修2

前半と後半に分けて、3時間たっぷりと貴重なお話を聞くことができました。

 

研修の内容に入る前に・・・

「東京ブロック研修会」って一体何??

皆さん疑問ですよね?

簡単に説明をしますと・・・

石神井学園は、ご存知のとおり東京都社会福祉事業団が運営している施設です。他にも東京都清瀬市に1施設、千葉県に3施設と神奈川県に1施設の児童養護施設があります。

 

東京都と神奈川県の3施設を東京ブロック、千葉県の3施設を千葉ブロックとし、毎年、持ち回りで職員の専門性を高めるための研修を開催しています。職員同士の交流も兼ねて、全ての児童養護施設の職員が一同に会します。

 

今年は石神井学園が担当、このような企画となりました。

今回の参加者は、我々の仲間6施設の職員に加え、他の民間児童養護施設の職員の方まで枠を広げました。より多くの皆さんに田中先生のお話を聞いていただきたい!!という思いからです。

なんと、総勢86名の参加がありました。

 

前置きはこのくらいにして、研修の内容に移りましょう。

 

前半の内容は、

○社会的養護と児童精神医学の接点

○発達障がいと行動の枠組み

東京ブロック研修3

後半は、

○こころの骨格形成と成育

○発達のアンバランスと行動障害

○支援について考える

○「そだち」と共同社会

東京ブロック研修4

最後に質問の時間をいただきました。

学園の職員や他施設の職員の方から、熱い質問が飛び交いました。

 

皆、日々の支援に試行錯誤ですよね。支援への悩みは尽きないようです。

そうした中、今回の田中先生のお話は、とても勉強になりました。

新たな知識の習得に加え、自らの支援を深めることや見直すことにも繋がりますよね。

東京ブロック研修5

今回、参加した職員の感想をご紹介させていただきます。

・発達障害・愛着障害の子どもの育ちにくさ・育てにくさについて、子どもを理解し、肯定的なまなざしを向けながら枠組みをつくり、自立に向けて養育していく大切さを感じた。(女性)・愛着形成や内的行動枠の図でわかりやすく説明をしていただき、自分が担当している子どもたちを想像しながら楽しく話を聞くことができました。(女性)

 

・「なぜ?」と思う子どもの行動にも理由があったことがわかりました。(女性)

 

・愛着障害と発達障害は、支援の仕方やあり方などに違いがあるとばかり思っていましたが、共通の考え方でできる支援があり、こころの骨格形成の話は非常に参考になりました。(男性)

 

・このような障害をもつ児童の入所がどんどん増えていくなかで、障害が生まれる背景や適切な支援方法を学ぶ重要性を身にしみて感じました。(男性)

皆さん、多くの気づきや学びに繋がったようです。とても有意義な研修会となりました。

出来事・話題・流行

交流の輪を広げよう!『チャイルド・エイド・アジア~Friendshipコンサート』

1月12日(月・祝)に、霞ヶ関イイノホールで『チャイルド・エイド・アジア~Friendshipコンサート』が開催されました。

子どもたちの声を反映して、これまでの交流を通して作られてきたネットワークを深めるプログラム構成になっており、その結果を発表する場となっています。

 

各国の子どもたちは、見ているだけでも楽しい色とりどりの衣装に身を包み、楽器演奏や歌やダンス等のパフォーマンスを披露。

チャイルドエイド1 (1024x766)

石神井学園の子どもたちも、オープニングとエンディングに登場しました!

オープニング「ア・ワールド・トゥ・イマジン/A World to Imagine」

エンディング「輝く明日へ(チャイルドエイドアジアのテーマソング)」を、

他国の子どもたちと一緒に、緊張しながらも楽しそうに、笑顔で歌っていました。

大きな声は客席まで届いたかな??

中高生のお世話係は、男子は袴で格好良く、女子は着物で可愛く決めました。

そして、自分たちでリサーチした各国の紹介を発表するなどMCとしても活躍してくれました!その堂々とした姿はとても頼りがいがありました。

チャイルドエイド2 (1024x768)

子どもたちの笑顔を見ていると、言葉の壁など関係ないのですね!

他国の文化や芸術に触れ、子どもたちは何を感じ、どんな気づきがあったのでしょうか…。

今回の貴重な経験を通して、広い世界に目を向けていってほしいですね。

出来事・話題・流行

“Welcome to Japan!!”~アジアの子どもたちと交流しました~

1月12日(祝・月)

NPO法人「リトルクリエイターズ」様(参考HP http://www.littlecreators.jp/)が主催する『チャイルド・エイド・アジア~friendshipコンサート』が霞ヶ関のイイノホールにて開催されました!!

 

なんと毎年、そのコンサートに、石神井学園の子どもたちが出演しているのです!

コンサートの様子については、次回のブログでお知らせしますね。

シンガポール交流1 (1024x768)

コンサート開催に先立ち、1月8日(木)石神井学園の体育館にて、コンサートに出演されるアジアの子どもたちとの交流会が開催されました。

 

今回、交流をしたのは、シンガポール・マレーシア・インドネシア・フィリピンの小学生から中学生の子どもたち。総勢40名が来園しました。

次に・・・

 

“シリコンバンド”を使ったブレスレット(=“ファンルーム”というそうです。)作りをみんなで行いました。道具はアジアの子どもたちが持ってきてくれました。

 

こちらが“シリコンバンド”です↓↓

シリコンバンド1

「どれどれ~、どうやって作るの~??」みんな、真剣です!!

シリコンバンド2

完成品がこちらです↓↓

シリコンバンド3

そして・・・

第2部では、日本の遊びを紹介しました。

 

まずは“皿回し”と“お手玉”を披露。

そのあとは、“コマ”と“竹とんぼ”を皆で一緒に作りました。

シンガポール交流2 (800x600)

竹とんぼを一生懸命、宙に飛ばす子どもたち。

「うまく飛ばないなぁ」「曲がって飛んじゃうよ~」

「どうすればいい??」と試行錯誤です。

 

2時間という短い時間でしたが、あ~っという間に仲良くなってしまった子どもたち。

お国の違いや言葉の壁なんて感じさせないほどでしたね。

 

みんな、とっても楽しんで、大・大・大満足した様子でした!

 

 

出来事・話題・流行

素敵ランチ

平成27年1月24日、学園の調理師さんが、グループホームのさつき寮に出張料理!素敵ランチ2

素敵ランチ1“素敵なランチ”を作ってくれました。

☆メニュー☆

『ベビーリーフとトマトのサラダ』・『豆のスープ』・『手作りオリーブのパンとトマトのパン』・『メインディッシュはサーモンのタルタルソース、マッシュポテト添え』・『デザートはパンナコッタ苺ソースがけ』

フォークとナイフを使ってちょっと気取った食堂は「さつきレストランに変身」素敵ランチ5素敵ランチ2素敵ランチ7

 

行事

みんなで「もちつき」

年が明け、今年も恒例の「もちつき」の時期が来ました。

子ども会の4~6年生が中心となり、新年の1月6日につきたてのお餅をみんなに振舞いました。

当日は天候が心配されていましたが、何とか実施できました。

(担当曰く、日頃の行いが良いからだとか?!)

しかし、すごい突風が吹き荒れました…

(これも行いか?!)

臼は大人と子ども用の二つを用意。

職員が見守る中、幼児から高校生まで重い杵を振り上げ楽しみながらお餅をついていました。よいしょもちつき

お餅は、きなこ・あんこ・おろし・ごま・納豆の全部で5種類。

どれもとっても美味しそう!

もちつき

食べてみたらやっぱり美味しい!!

そして、忘れちゃいけないのが温かい具沢山の豚汁と甘~いみかん。

今年もお腹いっぱい、みんな大満足でした。餅つき3人

出来事・話題・流行

石神井の密かな名物

ここ数年、石神井学園ではお正月の恒例となっているものがあります。

今日は、みなさんにご紹介します!

養護係長・養護担当係長の力作「門松」です。

毎年、竹取りから始まる門松作り。

忙しい業務の中でいつ作成しているのかは謎ですが…

正月の管理棟正面玄関を飾ります。門松

今年の出来栄えはどうでしょうか???

行事

☆メリークリスマス☆

12月24日クリスマスイヴの日にクリスマス会を実施しました。

一般的にイヴは恋人と過ごす日なんて風潮もありますが…私たち職員には関係なし!

各寮で個性あふれる楽しいパーティーが行なわれました。

けやきクリスマス15けやきろうそくの日

たくさんのご馳走やケーキでお腹がいっぱいになった頃、

鈴の音が聞こえてきました…。

待ちに待ったサンタの登場!!!

けやきクリスマスプレゼントさて、サンタさんはどんなプレゼントを持ってきてくれたのでしょうか??

この表情は…きっと、みんなが欲しかったものだったのでしょう。

大人にもプレゼントは無いのかなぁ~と期待はしてみるが、やはり無い。

<ビンゴ大会>

これは大人子ども関係なく

真剣勝負!!

けやきビンゴ

意気込んではみたものの、

運に見放され…。

大人ばかりが見事に残る結果に。

楽しい時間はあっという間。

実は明日が終業式。

心配する職員をよそに、子どもはプレゼントに夢中!!

けやき全員集合

さぁ、早く寝るよ~の声とともにクリスマス会はお開きです。

園運営

正しい手洗いで、ウィルス感染対策を!!

10月15日は、『世界手洗いの日』ってご存知でしたか? (日本ユニセフ協会ホームページ http://handwashing.jp/) その日から日が空いてしまいましたが、 12月上旬、全職員を対象とした手洗い講習会を実施しました。 講師は、医務室の看護師です。   手にクリームを塗りこみ、いつも通り(実は普段より念入りに!)手洗い。 さぁ、日頃子どもたちに手洗いを促す側の私たちは しっかり洗えているのでしょうか…。図1 センサーの光に手をかざすと… 「うわぁ~!えっ?!」と、みんなビックリ!! 図2図3洗い残しの汚れが白く浮き出ている。 しっかり手を洗っているつもりでも、指先や手首などに汚れが残っていました。 意外と洗い残しがあるものなのですね。   意地になり何度も洗い直して挑戦する職員の姿も見られました。 最後に、正しい手洗いの仕方の映像を見て勉強会は終了です。   正しい手洗いの仕方をマスターして、さぁ実践です!! 今年の冬は感染症からしっかり子どもたちを守っていきたいですね。

行事

江戸っ子杯2014サッカー大会

11月22日(土)・23日(日)と2日間にわたり江戸っ子杯2014サッカー大会が行われました。

中学生大会(22日)では選手入場の際、キャプテンが掛け声をあげながらの入場。™Qw`$

試合を制し予選リーグを突破。決勝トーナメントに進む事ができました。決勝トーナメントでも快進撃をみせ決勝戦に進出!! 決勝戦では予選リーグでも戦った相手と再び激突!™Qwa$

一方小学生大会(23日)では中学生大会にも出場した小学生がキャプテンとなってチームをまとめ予選リーグを突破し、決勝トーナメントへ。

サッカー4™Qwb$

決勝トーナメント一回戦両チーム譲らず延長戦へ。見事Vゴールで勝利し波に乗り準決勝進出!この日のために練習をして試合に挑む子ども達と職員がひとつになった結果中学生は準優勝。™Qwd$ 小学生は4位という成績を残すことができました!™Qwe$